町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

オークの挑戦「コロナ時代だからこその豊かな暮らしを実現したい」

 

全国、全世界において新型コロナウイルス感染の拡大がおさまりません。生活において様々な自粛を余儀なくされ、窮屈な日常となっています。

コロナ感染は完全になくならないのでは、という意見もあります。であるとすれば、コロナが日常的にあるという前提で、生活を組み立てていく必要があると思うのです。
(毎年冬に流行するインフルエンザのごとく)

 

そのような中、私たち、オークフィールドはどうあるべきか。

いつも考えています。

 

生きることと暮らすこと。

私たちは、どちらか一方を著しく我慢するのではなく、両者が成立させる道を模索してもいいのではと考えます。

すなわち、命が最重要で、もっとも守るべきものであるということは当然として、一方で、豊かな暮らしもまた送りたい。

決して、命を、感染対策を、おろそかにするということではありません。

 

先日、月夜のピアノ演奏会を開催しました。

月が輝く夜に、屋外で、ピアノの美しい音色に静かに耳を澄ましました。

我慢して屋外にでるのではなく、積極的に屋外に。

我慢して静かにするのではなく、積極的に静かに。

月夜の晩と屋外とピアノ。

三密回避による我慢ではなく、三密回避によるむしろ豊かな空間。

まさに、コロナ時代だからこそ実現した、ロマンティックなひとときでした。

 

この他にも、コロナ時代だからこその豊かな暮らしが、きっとあると思うのです。

例えば、

  • ステイホームだからこそ、普段生活をともにしている人たちと、もう一歩深い交流を楽しんだり。
  • 身近なところの散策で新発見をしたり。
  • 思い切って部屋にこもってテレビや読書三昧を楽しんだり。
  • これまで興味はあっても不安で挑戦できなかったインターネットに取り組んでみたり。

まだまだ、きっといっぱい!

 

オークは、公の緊急事態宣言や自粛要請の発出がない限り、大きな制限はするつもりはありません。

オーナーが医師、関連事業が医療や介護という強みを最大限に生かして、感染対策を万全にした上で、生活や往来に過度な制限を設けることなく、可能な限り、いつもどおりの日常を志向いたします。

と同時に、コロナ時代からこその豊かな暮らしのあり方をオークは模索していきます。

コロナ時代からこその豊かな暮らし、そしてコロナ時代だからこそむしろ豊かな暮らし。この二つを模索です。

 

コロナで日々の暮らしに困難さや疑問を覚えていらっしゃる方に、ぜひ、一度オークに足を運んでいただけたら幸いです。

豊かで癒やしのオークが、みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

------

●お問い合わせ先

オークフィールド八幡平 盛岡オフィス(担当 富樫、中村)

岩手県盛岡市仙北二丁目1−20

tel: 019-601-3101

mail: info@kotonoha-group.co.jp

HP : http://kotonoha-group.co.jp/oak

 

 

 

〜オンラインサロンのご案内〜

総合診療をベースに、認知症治療と在宅医療、そして終末期医療に取り組んでいる、事象「患者バカ町医者」の松嶋大が、日々の実践をみなさんに共有し、またみなさんからも共有してもらいながら、これからの「医・食・住」を語り合うサロンです。

 

f:id:kotonoha_group:20200726181407j:plain

オークと岩手山と青空