町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

なぜ選択肢がないのだ?

「本当は、美容師さんがいいけどね」

 

介護施設で、床屋さんに散髪しもらってスッキリした女性にお尋ねすると、少なくない方がそう答える。

 

(床屋さん、以下、理容師さんで)

 

こういう場合、通常、選択肢がないのだ。

 

理容師さんが施設に来る。(訪問理容)

●日に来る。

 

そこで、切りますか、どうしますか。

 

選択肢というと、切るか否か、それだけ。

 

 

話を進める前に、ここで、声を大にして、お断りしておきます。

今回のネタは、理容師さんよりも美容師さんがいいとか、そういうことを論じているのでは毛頭ありません。(ぼくも、人生の大半は理容師さん派ですし)

 

 

では、戻ります。

 

施設のみならず、カラダが弱ってきて行動範囲が狭まると選択肢がないのです。

あったとしても少ないのです。

 

ヘアカット一つにしても、普通は、

 

理容師さんに切ってもらう、それとも美容師さん?

そもそも切りたいの、どうなの?

いつにしようか?

来てもらう、それとも行く?

どういう髪型にしてもらおうか?

 

普通、こういうことをイロイロ、グルグル考えながら、選択していきますよね。

選択自体が楽しい場合もあれば、しんどいばあいもあれば。

でも、いずれにせよ、人生って、選択の連続だと思うのです。

 

それが、選択肢がない、となればいかがですか??

 

 

僕のところ(施設)では、友人の美容師さんにいつもお願いしています。

理容師さんがいいという方もいるのだと思いますが、ここはあえて美容師さんで。

美容師さんがいいという女性陣の声をもとに。

女性はより美しく、男性はかっこよくねとお願いして。

 

 

こんなこともありましたよ。

この前、行きつけの美容室に、患者さんを連れ出して行ってきて。

長らく行ってないというので。

僕もちょうど行きたいと思ってたところだから一緒に行きますか、と。

 

 

話が少々それました。

介護現場は、効率を重視しているのかもしれません。

効率という名のもとに、選択肢が排除されてゆく。

もしかして、そういうことかも。

 

 

選択肢がない人生は、なんともモノクロだ。

 

百歩譲って選択肢が事実上ないのだとしても、やはり選択していくというプロセスが大事だと思う。納得感をもって。

 

年をとったって、病気や障害があったって、僕らはいつまでも僕らだ。

選択肢がなくていい、周りが決めていい、ということはないはず。

 

選択肢を提示しよう。

 

 

 

〜オンラインサロンのご案内〜

総合診療をベースに、認知症治療と在宅医療、そして終末期医療に取り組んでいる、事象「患者バカ町医者」の松嶋大が、日々の実践をみなさんに共有し、またみなさんからも共有してもらいながら、これからの「医・食・住」を語り合うサロンです。

 

f:id:kotonoha_group:20200605102641j:plain

一緒に美容室へ。レディーファースト!