町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

われ、日中の架け橋とならん。

中国からマスクがたくさん届きました!

 

中国の友人、馬さんからの贈り物です。

馬さん、ありがとうございます!!

大切に使いますねー。

 

さて、中国。

近くて遠い隣国、中国。

ずっとそう思っていました。

初めて中国本土(大陸)に行くまでは。

 

そんな中、本当に奇跡的な縁で、初めて中国本土に足を踏み入れたのが2017年11月。

以来、毎回1,2泊程度の強行スケジュールながら、わずか2年ほどで7回くらい訪問しました。

観光要素はゼロで、毎回、認知症の講演です。

 

中国は広いですよ。

7回、いずれも、違う都市。

でも、たいてい、東京から、2,3時間のフライトで到着。

まさに近い隣国でした。

 

中国では、どこでも歓迎を受けました。

日本人だからと、少なくととも僕は、差別は受けることなく。

本当に大歓迎。

 

それは、教科書や報道などで見聞きしていた中国とは違う風景。

講師として伺ったという理由もちろんあったのでしょうが、それを差し引いたとしても、どこでも歓迎的でした。

 

諸々はしょりますが、そんな経験もあって、僕にとっては、「近くて遠い隣国」から「近くて近い隣国」となりました。

 

メディアを鵜呑みにしてはいけませんね。

やっぱり、自分の目でみて、自分でよく考えて、しっかり判断しないと。

事実を見誤る、そう思いました。

(もちろん、僕が知らないことはまだまだいっぱいあるということも重々承知です)

 

そんな近くて近い隣国で、いつも歓迎してくださったのが馬さん。

この縁が、今回のマスクにつながっています。

 

繰り返しますが、本当にありがとうございます。

コロナがある程度落ち着いたら、お礼兼ねて、また訪中したいと思います!

 

 

というわけで、強度の大先輩新渡戸先生のお言葉を少々お借りして、

 

「われ、日中の架け橋とならん!」

 

 

馬さん、ありがとうございました。

 

 

f:id:kotonoha_group:20200529001557j:plain
f:id:kotonoha_group:20200529001554j:plain
馬さんと僕、長村と僕