町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

飛ばない飛行機はただの鉄屑か。

まさか、そんな訳はない。

 

確かに飛行機は飛んでこそ飛行機だが、飛ばずに地上にいたとしても飛行機だ。

間違いない。

(飛行機好きだから言っているのでは決してない)

 

今回の、新型コロナウイルスの感染拡大で、飛行機会社は悲惨だという。

世界では、すでに倒産したところもあるとか。

 

全く、今回のコロナウイルス、現代の人類や社会のあり方を、根底から覆すような勢いだ。

さながら、現代版ノアの箱舟のごとく。

 

戦後、グローバル化が一気に進み、その歪みか、グローカルなる造語も生まれた。

しかし、どうだろう。

 

全く見えない敵を前に、活動も移動も制限され、グローバルもへったくれもない状況だ。

ローカルすら危うい。

 

コロナがなんだと言ったところで、飛行機は飛行機だ。いくら飛ばなくとも。

そして、人間も人間だ。どこにもいけなくたって。

ここは忘れないようにしたい。

 

僕はただの町医者だ。

グローバルも、グローカルもない。

コロナがどうのこうのでもなく、目の前のことに集中しよう。

これまで以上に。

 

 

〜オンラインサロンのご案内〜

総合診療をベースに、認知症治療と在宅医療、そして終末期医療に取り組んでいる、事象「患者バカ町医者」の松嶋大が、日々の実践をみなさんに共有し、またみなさんからも共有してもらいながら、これからの「医・食・住」を語り合うサロンです。

 

 

 

f:id:kotonoha_group:20200406164450j:plain

夕焼けと空港と飛行機