町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

僕の手で看取りたい。

「先生、こんど、この病院をやめて、どちらかに行かれるんですって??」

『おっと、情報が早い。そうなんです』

「先生、私を看取ってくれるって約束してくれたじゃない。私はどうすればいいの?」

『あー、そんなことを言わなくても、僕についてくればいい。僕も、あなたの、死に水を取ってあげるって約束したじゃない。あと、弔事も読むって』

「じゃあ、先生についていくわ。最期までみてちょうだいよ」

 

5年前の今ころの会話です。

私が勤務先の病院を退職し、4月に開業するというころです。

 

この方は、一昨年、無事、見送りました。

約束通り、弔事も読みましたよ。

 

そして、ご家族にお願いして、写真の椅子を形見分けしてもらいました。

一番座っていたのが患者さんだとしたら、次は僕だと思ったんですよね〜。

(この椅子は、僕の診察室の椅子として大活躍中です)

 

 

僕は、ホント、幸せ者です。

この患者さんのように、「看取ってほしい」とお願いされることが少なくないので。

 

でも、正確には違います。

患者さんが願っているのではなくて、僕が僕の手で看取りたいと思っているんです。

 

「看取らせてください」とお願いすることもあれば、「最期までお願いします」とやんわり言うことも。

 

最期まで診たいという僕の強力なパワー「僕の手で看取りたい」が、患者さんに、「看取ってほしい」と言わせているに違いないです!!

 

 

この1週間、お二人の方を見送りました。

 

一人は、患者さんの域を超えて、同士というか同志のような感覚をもっていた方。

かれこれ十年近く担当し、本当にいろいろあった方。

いいときも、わるいときも。

命の危機にひんしながらも、何度も助けました。

最晩年は、認知症も重くなり、「なんだかわがんね」が口癖のようでしたが、「まだ死なないか?」という僕の悪態にも、「まだ大丈夫だ」と答えるような方。

 

臨終のときは、僕は涙は全く出ず。

無事送り出したという安堵感でいっぱいだったので。

だって、本当にいろいろありましたもの。

苦楽をともに。

 

僕の手で看取ることができて、ホント、良かった。

ありがとう。

 

 

もうひとり。

決して長い付き合いではなかったけど、やっぱり、いろいろあった方。

いろいろあったというより、いっぱい教わった方。

 

家族の愛情も半端なく、いつも圧倒されていた僕。

家族にも、いっぱい教わりました。

 

本人には見送られ方が、家族には見送り出し方がある。

当然、本人の意思が大切だけれども、残される家族の想いも絶対に無視できない。

そんなことを、この方とはいつも考えていました。

絶対に本人軽視ということではありませんよ。

本人を中心に、家族まで含めた最大幸福のあり方を模索し続けました。

本当にいっぱい、教わりました。

 

ちなみに、この方、「僕に看取ってもらう」と初診時にきめていらっしゃったとのこと。

とても光栄だし、その想いを果たせて感無量です。

 

でも、正確には、やっぱり、「僕の手で看取りたい」だったんです。

そのオーラが、初診時から出ていたんでしょうね。

 

 

医者も人間です。

患者さんを差別してはいけませんけど、いつも以上に頑張りたいと思える時もあれば、どうにもこうにも気が進まないというときも。

その違いはなんでしょう。

もちろん、人です。

信頼してグイグイ来てくださる方には、こちらもグイグイいきたい。

そんな感じ。

 

 

いずれ、僕は幸せな医者です。

僕の手で看取りたい、という方とばかり出会えるので。

 

これからもずっと。

お一人おひとり、しっかり、しっかりと。

 

いつもありがとうございます。

 

 

〜オンラインサロンのご案内〜

総合診療をベースに、認知症治療と在宅医療、そして終末期医療に取り組んでいる、事象「患者バカ町医者」の松嶋大が、日々の実践をみなさんに共有し、またみなさんからも共有してもらいながら、これからの「医・食・住」を語り合うサロンです。

 

 

f:id:kotonoha_group:20200201115948j:plain

患者さんの形見。