町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

ただただ、目の前の人に最善を。

感動というか、感激というか、驚愕というか。 まずは、事実を淡々と記述したい。 先日の朝、薬剤師さんから連絡。 かかりつけ患者さんが薬局に来て、診療を希望されていると。 症状を確認すると重症が否定できない。すぐに診察ができなかったので、いつもお…

オークフィールド八幡平の新パンフレットをお届けします。

オークフィールド八幡平の新しいパンフレットができました。 外注せず、自分たちで創りました。 デザインは千田さん、写真は若山さん。 現物は蛇腹です。 ライトブルーの部分が表紙。 星空が裏表紙です。 (サイズはハガキサイズくらい) 手前味噌ですが、と…

死に方の問題だ。

「死に方の問題ですね」 こう語ることが少なくない。 死に方。 語弊がある表現かもしれないし、忌み嫌う方もあるかもしれない。 でも、あらためて考えてみたい。 ヒトは死ぬ。 時期はともかくとして、絶対に。 医学に絶対は基本ないが、唯一、絶対なのが、こ…

さながら間抜けなウルトラマン、いやショッカーか?

僕が主治医だからという理由で、かかりつけ患者さんが、とある施設に入所を断られました。 業界内で嫌われ者の僕にとっては案外よくある話。 僕が主治医だから入所を断られる場合、主治医を変えるように患者さん・家族が迫られる場合、この手のネタは事欠き…

なぜ選択肢がないのだ?

「本当は、美容師さんがいいけどね」 介護施設で、床屋さんに散髪しもらってスッキリした女性にお尋ねすると、少なくない方がそう答える。 (床屋さん、以下、理容師さんで) こういう場合、通常、選択肢がないのだ。 理容師さんが施設に来る。(訪問理容) …

寄り添わない、ただ、ともに歩みたい。

三つの約束をいたします。 まず、僕は絶対に悪いことはしません。 そして、最善を尽くします。 最後に、何でもおっしゃってください。何でもお聞きします。 僕が、初対面の訪問診療の患者さんに、診療を終え、別れ際にお伝えすることだ。 患者さんとの約束で…

寂しさが最小限な、遠距離恋愛のような日常を。

タイトル書いていて、勝手にドキドキしました。 (そんなことはどうでもいいのですが) 遠距離恋愛って、読んで時のごとく、恋人同士が遠く離れ離れにあっても好きでいるような状態のこと!? なんで、突然、こんなことを考えていたかというと、そうです、昨…

われ、日中の架け橋とならん。

中国からマスクがたくさん届きました! 中国の友人、馬さんからの贈り物です。 馬さん、ありがとうございます!! 大切に使いますねー。 さて、中国。 近くて遠い隣国、中国。 ずっとそう思っていました。 初めて中国本土(大陸)に行くまでは。 そんな中、…

自分たちで食べる野菜なので、もちろん農薬は使いません。

なんで農薬使うんだろう?? (答えはなんとなく分かっていますがあえて) 農薬のアンチテーゼ的な意味で、無農薬や有機栽培。 この二つの言葉が並ぶと(片方でも)、いかにも、健康っぽい感じがする。 しかし、別に、無農薬野菜を食べてからといって、突然…

健康増進からがんサバイバーまで、トロンを届けたい。

スゴイもの、いやスゴすぎる機械を入手しました。 (正確にいうと購入しました) 家庭用の小型トロン発生機械です。 トロンってご存知ですか? はっきり申し上げて、スゴイものです。 トロンはいわゆる放射線。 トロンから放出されるアルファ線が、カラダに…

偶然か奇跡か、必然か。にじいろタクシーがつなぐ時空の旅。

こういうのを、世間では、たいてい偶然もしくは奇跡と呼ぶのだと思う。 去る5月13日、とある、とっても大好きな患者さんを見送った。 この方との思い出が尽きないが、一番の思い出は「にじいろタクシー」を創業するきっかけとなったこと。 4年くらい前、初…

君は“君の得“を考えていたのか?

映画「フィールド・オブ・ドリームス」で、シューレス・ジョーがレイ・キンセラ(ケビン・コスナー)に言い放ったフレーズです。 ガツンときました。 相当な勢いで。 自分ごととして。 僕は、もともとは、僕の得なんか考えずに、ひたすら目の前の方に最善を…

今、死んだとしたら、後悔は三つしかない。〜Withコロナ時代へ〜

いつ死んでもいいように。 後悔が残らないよう、日々、最善を尽くしている(つもり)。 だけど、やっぱり、今死んだとしたら後悔が残る。 でも、後悔はさほど多くない(つもり)。 今、思いつくのは三つだけ。 詳細は書かないが、いずれも家族に対してという…

ついにユーチューバーに!

ついにデビューしました!! 何にって、ユーチューバーです。 こちらです。 YouTubeを開設した目的はこれ。 医者をもっともっと身近に感じてもらいたい! 僕のモットーは、患者さんと医師が一緒に歩む医療(物語を一緒につくる)。 患者さんだけの想いでも、…

お手紙に想いをのせて。

久々に、お手紙を書きました。 原稿用紙にすると、7,8枚。 直筆なので、なんだかんだで一時間以上かかって。 想いにまかせて、一心不乱に書きましたが、久々の長めの直筆で、最後の方はフラフラでした。情けない。。 どうでもいい話ですが、小学生の頃、…

8割削減はできるとか、できないとか。だったら僕は倒産を選びますよ。

新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。 国と専門家は、感染拡大防止(と感染を減らす)として、人との接触を8割削減することを掲げている。 8割は努力目標といったぬるいものではなく、最低ラインである。 まず、人との接触について、西浦先生の解…

”ことのはデリカ”を開始します!

【ことのはデリカ:町医者 ✕ ことのはきっちん】 医師・薬剤師監修の健康的なお弁当を平日毎日ご提供します! 題して、”ことのはデリカ”。 町医者と、ことのはきっちん(盛岡市仙北)の共同企画です。 新型コロナウィルス感染拡大に伴う全国的な緊急事態宣言…

医療による”循環型コミュニティ”の再創造

「医療による循環型コミュニティの再創造」 僕が、オークをはじめ、私どもグループの取組みを語る(講演)ときのお題です。 循環型コミュニティ。 有り体に申せば、6次産業、地産地消です。 あえて、「循環型」とつけているのは、互いに顔が見える関係性で…

飛ばない飛行機はただの鉄屑か。

まさか、そんな訳はない。 確かに飛行機は飛んでこそ飛行機だが、飛ばずに地上にいたとしても飛行機だ。 間違いない。 (飛行機好きだから言っているのでは決してない) 今回の、新型コロナウイルスの感染拡大で、飛行機会社は悲惨だという。 世界では、すで…

色彩は優劣で語られるものではない:クラウドファンディングへの想い②

僕は、小説家としては村上春樹さんのファンです。 「ノルウェイの森」が一番好きですが、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」もお気に入りです。 色彩。 色彩がないとはどういうことか、この小説を読みながらは考えてはいなかったのですが、最近に…

「死ぬことは怖くないけど、怖い」:クラウドファンディングへの想い

「死ぬことは怖くないけど、怖い」 まだまだ若く、まだまだ人生が続くと思われていた、比較的若い方の言葉です。 末期癌でした。 この言葉から1ヶ月ほどで旅立ちました。 死を目前にした方が、少なからずおっしゃる、怖い。 何が怖いのか? 死そのものが怖…

最後に大きな仕事ができた

2019年3月10日から、ちょうど一年が経ちました。 チュウゾウさんが、子どもたちを含む市民を前に、ご自分自身の戦争体験(従軍経験)を語ってくれた日です。 それから、数ヶ月ののち、旅立たれました。 旅立ちの数日前、僕は、チュウゾウさんにお尋ねしまし…

備忘録:ヤクタタズの町医者

記憶をたどると、今回、ただ一度目のことだと思う。 ネクタイを結び直して、臨終の場に向かうこと。 「呼吸が止まったようだ」と看護師から連絡が入った。 そのときは、すでにネクタイを外していたけれど、とっさ、いや発作的にネクタイだと思った。 ネクタ…

「地域のお茶の間」をつくりたい! 〜町医者の挑戦:クラウドファンディング〜

クラウドファンディング、開始です。 プロジェクトは、赤ちゃんから高齢者までが行き交う「地域のお茶の間」を創りたい! 私たちのビジョン「こころのバリアフリー」の実現に向けた取り組みです。 老若男女、病気や障がいがあろうとなかろうと、誰もが、その…

月刊松嶋大2月号完成

月刊松嶋大2月号が完成しました。 なないろのとびら診療所にて無料配布しております。 ご興味ある方は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。 なお、オンラインサロンでは全編公開中です。 〜オンラインサロンのご案内〜 総合診療をベースに、認知症治療と在…

認知症があろうとなかろうと、その人はその人だ。

僕は、普段、他人の批判や非難をしないと決めています。 まして、ブログやSNSなど不特定多数の目に触れそうなものであればなおさら。 (僕をよく知っている人は、たまにしてるでしょーと思うかもしれませんが、あれは批判などというものではなくて、興味がな…

入居者さんを信じ抜こうじゃないか。

「これからは、もっと、入居者さん(患者さん・利用者さん)を信じ抜こう」 昨年の5月だったか6月の、全体ミーティングで、僕は、スタッフたちにそう宣言しました。 介護事業と保健室事業を基本撤退し、オークスタイルでいくことを決断したときです。 僕は…

僕の手で看取りたい。

「先生、こんど、この病院をやめて、どちらかに行かれるんですって??」 『おっと、情報が早い。そうなんです』 「先生、私を看取ってくれるって約束してくれたじゃない。私はどうすればいいの?」 『あー、そんなことを言わなくても、僕についてくればいい…

まちいしゃTVスタート♪

まちいしゃTVがスタート♪ 町医者、密かにユーチューバーに憧れています。 別に、密かである必要もありませんけど。 そして、今回、ユーチューバーへの第一歩を記すことにしました。 IGTV、つまりインスタの動画から開始です。 シンプルな内容です。 仲間など…

やたらに診療が面白い今日このごろ。何が変わった、町医者!?

今年になって、日々の診療が、格段に面白くなりました! 先日、僕の右腕の菊ちゃんに聞いてみました。 「年明けの俺、診察中、かなり笑ってない?」 「はい、笑ってます。しかも普通に」と菊ちゃん。 この「普通」というところをよくぞ見抜いてくれました。 …