町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

お手紙に想いをのせて。

久々に、お手紙を書きました。 原稿用紙にすると、7,8枚。 直筆なので、なんだかんだで一時間以上かかって。 想いにまかせて、一心不乱に書きましたが、久々の長めの直筆で、最後の方はフラフラでした。情けない。。 どうでもいい話ですが、小学生の頃、…

8割削減はできるとか、できないとか。だったら僕は倒産を選びますよ。

新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。 国と専門家は、感染拡大防止(と感染を減らす)として、人との接触を8割削減することを掲げている。 8割は努力目標といったぬるいものではなく、最低ラインである。 まず、人との接触について、西浦先生の解…

”ことのはデリカ”を開始します!

【ことのはデリカ:町医者 ✕ ことのはきっちん】 医師・薬剤師監修の健康的なお弁当を平日毎日ご提供します! 題して、”ことのはデリカ”。 町医者と、ことのはきっちん(盛岡市仙北)の共同企画です。 新型コロナウィルス感染拡大に伴う全国的な緊急事態宣言…

医療による”循環型コミュニティ”の再創造

「医療による循環型コミュニティの再創造」 僕が、オークをはじめ、私どもグループの取組みを語る(講演)ときのお題です。 循環型コミュニティ。 有り体に申せば、6次産業、地産地消です。 あえて、「循環型」とつけているのは、互いに顔が見える関係性で…

飛ばない飛行機はただの鉄屑か。

まさか、そんな訳はない。 確かに飛行機は飛んでこそ飛行機だが、飛ばずに地上にいたとしても飛行機だ。 間違いない。 (飛行機好きだから言っているのでは決してない) 今回の、新型コロナウイルスの感染拡大で、飛行機会社は悲惨だという。 世界では、すで…

色彩は優劣で語られるものではない:クラウドファンディングへの想い②

僕は、小説家としては村上春樹さんのファンです。 「ノルウェイの森」が一番好きですが、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」もお気に入りです。 色彩。 色彩がないとはどういうことか、この小説を読みながらは考えてはいなかったのですが、最近に…

「死ぬことは怖くないけど、怖い」:クラウドファンディングへの想い

「死ぬことは怖くないけど、怖い」 まだまだ若く、まだまだ人生が続くと思われていた、比較的若い方の言葉です。 末期癌でした。 この言葉から1ヶ月ほどで旅立ちました。 死を目前にした方が、少なからずおっしゃる、怖い。 何が怖いのか? 死そのものが怖…