町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

未完成の似顔絵と未完成の僕

毎年、この時期が来ると、必ず思い出す患者さんがいます。 湊さん(仮名)、私の宝物の生みの親です。 宝物とは、僕の似顔絵。 長くなりますが、この似顔絵の物語をご紹介します。 ------ 大都会で働いていた湊さんは、60歳を目前に故郷岩手に戻りました。 …

片思いのマブダチ

さすがに堪えた。 かかりつけ患者さんが、老衰が進む中、最後の最期でぽっくりと逝った。 遠くないなと想定していたが、やはり突然だった。とびきり思い入れがある患者さんだったから、余計に堪えた。 「お医者さんにお任せ」という岩手県人にありがちな気質…

惚れた人だけのものを②

前回、私が胡散臭いという話を書きました。 なぜ胡散臭いかについて、「健康食品を取り扱う胡散臭い町医者について」という切り口で考察を書きました。 今回はその続きです。 前回、 ちなみに、私が取り入れる健康食品などには、一つの超強力な共通項があり…

惚れた人だけのものを ①

町医者・松嶋大は胡散臭い。 と思われていると、思っている。 被害妄想と見る向きもあるが、そんなことはないだろう。 漏れ聞こえる声を踏まえると、やっぱり胡散臭い医者という結論に至る。 M気質ではないが、こういうふうに評価されるのは案外嬉しかったり…

割が合うとか、合わないとか。

割に合うとか、合わないとか、そういう基準で考えることはない。 やりすぎだと言われたり、きれいごとだと言われたり、脅迫的(+強迫的)だと批判されたり、散々だ。 しかし、私の耳は案外うまくできている。 批判や非難は、私の耳には入ってこない。 とに…

そもそもなぜ医者を目指したのか?<町医者・松嶋の謎シリーズ⑤>

なぜ、医者になったの? よく尋ねられるご質問です。 答えはたった一つ。 「(高校3年生のとき)父に勧められたから」 基本これだけなのですが、布石が一つだけあります。 高校一年生のとき、担任の先生の導きがありました。 本当は文系に進みたかったんで…

なないろ劇団初演。やっぱり寸劇だ!

寸劇には何かと縁がある町医者・松嶋大です。 縁がある理由は二つ。 まず、私の歴史。 幼稚園だったり、小中学生時代だったり、寸劇とあらば何かと出演してました。 医者になってからも寸劇を企画し、自ら出演するということも案外少なくなかったり。 (若い…