町医者 松嶋大ブログ

岩手県盛岡市で「なないろのとびら診療所」を運営する町医者・松嶋大のブログです。

菊ちゃんを抜擢する。第二幕の始まり!

6月になりました。 6月って、なんとなく心機一転な感じがしませんか?? なぜって、衣替えの時期だから。 学生にとってはやっぱり衣替えの時期で、なんだか、いい年になっても、まだその感覚を引きずっている感じ。 だからというわけでもないのですが、心…

介護保険が気持ち悪い。新たな地平へ。

介護保険が気持ち悪い。 とにかく気持ち悪い。 数年前からぼんやり思っていた。 オークフィールド八幡平を経営するようになって思いが強くなった。 そして、ここ数ヶ月、気持ち悪さがマックスになった。 (気持悪さがマックスになった理由はとっても書けない…

町医者がビジネスを展開する理由 <町医者・松嶋の謎シリーズ③>

「医者なのだから医者だけをやったほうがいい」 幾度となく頂戴した助言であり、時に揶揄なこともある。 尋ねられることも多い。 「なぜ、そんなに事業をやっているんですか?」 なぜって、実にシンプルです。 目の前の患者さんの幸せのため。 これだけ。 町…

雪駄と靴と正装と。

世間一般にはどうでもいいことですが、私にとってはどうでもよくないことを書きます。 私にとって、雪駄は正装です。 屋内(診療所内)では、年中雪駄です。内履きとして。 屋外では、5月1日から、学生よりもひと足早く衣替えして、雪駄です。 海外出張に…

八幡平で豊かなセカンドステージを送るために

昨日、オークフィールドにて、新しい終活セミナー(日本CCRC協会主催)を開催しました。 テーマは、「八幡平で豊かなセカンドステージを送るために」。 何が「新しい」かと申し上げますと、対象と内容かなと。 まず対象。 俗に言うアクティブシニア。 つまり…

お勉強と勉強 〜大人の学びを、ことのは読書会〜

私、お勉強は大嫌い。 でも、勉強は大好き。 私なりの解釈。 お勉強。 受験だったり、学校だったり、多少やらされ感があるようなもの。 受動的。時に絵に描いた餅。 勉強。 湧き上がる知的好奇心を満たすための学び。 能動的で実践につながる。 小さい頃から…

私の考える偽善 <町医者・松嶋の謎シリーズ②>

僕は偽善者である。 間違いない。 というわけで、そんな偽善者の僕が、今回、僕なりの偽善について考えてみたい。 まず、偽善の定義から。 今回も広辞苑。 本心からでなく、みせかけにする善事。 なるほど、定義を読めば読むほど、自分が偽善者であると確定…